スタッフ紹介

代表:深澤 麟太郎 (ふかさわ りんたろう)

【資格】

  • 柔道整復師
  • 日本ゲートコントロール協会認定(歩行分析の技術習得)

【経歴】

  • 国家資格を取得後
  • 整骨院4年勤務(うち2年は院長として勤務)
  • jリーガーのトレーナー活動3年
  • 脊椎専門医のもと整形外科に2年勤務
  • 脊柱管狭窄症専門整骨院に1年在籍
  • カイロプラクティックと筋膜整体のサロンに1年在籍
  • 2020年に地元の東松山市で、『ぷらす整体院』を開業。

【対応疾患】

重症な腰痛、肩こりなど慢性疾患は何でも対応いたします。
特に、脊柱管狭窄症、すべり症、坐骨神経痛、ヘルニアや変形性の膝や股関節の問題を抱えている方を多く見ています。
整形外科時代には、骨折により曲がった骨を整復と言って、手で治すこともしてました。アスリートのトレーナー経験もあるので外傷も実は対応できます。
現在も、骨折の後遺症を見ていたりもします。

【趣味】

『先生、趣味は?』と聞かれてもこれといった男性らしい趣味がなく、何も言えないでいます。周りの皆様は知っているかと思いますが、仕事が趣味です。(笑)
ただ、妻、娘2人と過ごす家族の時間が大好きです。
家族も仕事も大好きで時間が足りないといつもいつも思います。

 

これまでと私の想い

①治療家を目指すきっかけ

私はモノ心ついた時から父がいませんでしたが、その分パワフルな母と祖父、祖母そして親戚の叔父と叔母に育てられました。すごく仲の良い家族と親戚で、家族愛に溢れた環境に出会えたことに感謝しています。そして母は、お金がないなりにも私がやりたいことを自由にさせてくれました。当然、ゲーム機などは買ってもらえませんでしたが、大好きなサッカーと出会い毎日のようにボールを蹴っていました。

そして、小学生の時に治療家を目指すきっかけが出来ました。

スポーツ少年団の大会直前に足首を2ヵ所骨折する大怪我に見舞われました。痛みと悔しさとで絶望的な状況に小学生ながらに大きな挫折を味わいました。

私は計7回の骨折を経験し、この時に足を治療してくれたお医者さんに憧れて、治療家になって人のお体を元気にする目標が出来ました。今となっては怪我があったからこそ今の私がいると思えるようになりました。

その当時の想い変わらず、私は治療家になるために3年間の専門学校を卒業し国家資格の猛勉強の末、国家資格を取得して治療家のステージに立ちました。

 

②憧れの世界と現実の世界を知る

職場で選んだ先は、毎日80名以上の患者様やスポーツ選手を対応できる厳しい環境でした。『やってやる』と想い入った世界でしたが現実はかなり厳しいものでした。

泊まり込みで仕事がスタートして、早朝6時30分~夜中の12時まで学び、技術練習。帰宅後も、その日のレポートと解決できないものを調べる日々。整骨院がお休みの日曜日も勉強と技術練習で、私は休むことなく人間の構造と本気でぶつかりました。治療家になってからの2年間は睡眠時間は3、4時間ほどでした。同世代は飲み会や旅行などしていることなども知らずに日々がむしゃらに行動していた結果、私は、23歳で院長に就任することが出来ました。

 

この時のきつい経験があったからこそ院長になることができ、自分に自信を持つだけでなく、日々学びをする習慣が出来たと思います。また自分が学んだことを患者さんに還元することで、患者さんが笑顔に喜んでくれる何とも言えない最高のやりがいに出会うことが出来ました。その後も勢いを止めずに私は、院外の活動として講演会やjリーガーのトレーナー活動など様々な現場を経験してきました。

そこで、感じた事・・・。

華やかなスポーツ選手を治すことは確かに目立ってカッコイイかもしれないが、世の中には怪我で悩まれている方よりも、慢性的な腰痛や神経痛などの痺れで悩まれている患者様の方が圧倒的に多くいることです。そして慢性的な腰痛や痺れで悩まれている方は、治らない不安や原因がみえないことで、より悩みが深い事に気が付きました。

骨折はある期間が経過すると骨はつきます。そして原因が明確です。

しかし、慢性疾患は原因がわからず、不安を抱えた状態で病院などの医療機関を転々として状態が改善されないまま精神的に崩れている方が非常に多いです。

そこから私は、慢性疾患で悩まれている方を救って少しでも笑顔を増やしたいと強く思うようになりました。

そして、慢性疾患をより深く学ぶために脊椎専門医のもとに転職することを決めました。私はそれだけでなく、一人でも多くの方を救うために、整形外科が休みの日も脊柱管狭窄症専門の接骨院で修行と、整形外科が終わった後はメディカルサロンに勤めてカイロプラクティックや筋膜リリースを学んでいきました。

 

③情熱が沸き上がる

様々な医療現場を経験した私は、慢性疾患の代表例である、腰痛や坐骨神経痛などがどうして解決されないことが多いのか?この謎が解けてきました。

 

理由は大きく2つ、『原因を特定できてないこと』と『原因に対しての治療をしている治療家が少ないこと』です。

1.現代の医療においての問題

近年の研究で、画像上の問題と症状は一致しないことが分かってきています。

症状の85%は画像(レントゲンやMRI)では原因がわからないと言われています。

しかし、残念ながら現代の医療においての診断とは、画像診断が主です。

ということは、原因がはっきりとわからない中であなたの治療も始まっているかもしれないのです。

お医者さんは診断名を下さないと辛い患者様に薬を処方することや、リハビリ指示することができません。なので、詳しい原因を追究するというよりは、画像をみてわかる【形が正常か異常か】だけの判断になってしまうのです。

 

2.名ばかりの根本治療をうたっている『なんちゃって院』が多い

この様な見せかけの治療院が、悩み彷徨う患者様を増やしてしまっていると感じました。これは治療家として許せなかったです。

整骨院勤務時代から感じていたことは

  • レントゲンやMRIなどの画像診断だけで、対処療法となる薬の処方だけ
  • 詳しい問診、検査、動作分析、姿勢分析をしていない状態で治療する
  • 年齢やストレスで片付けられている
  • 患者様が大切にしている趣味を簡単に『あきらめろ』と言う
  • 何が正しい診断で何が正しい治療家を知らないであきらめている

現代の医療現場ではこのようなことが多くあると思います。そして僕はここを変えていきたいと思いはじめました。

そんな時、私が開業を決める出来事が起こります。

いつもの様に患者さんのお悩みを聞きながら治療をし終えると、先輩が私のところにきて、『お前、治療出来るアピールとかいらないから、とりあえず時間気にして早く終わらせろ!ここはお前みたいな治療をするところじゃない』と怒られました。

僕はこの言葉を絶対に忘れません!この時に僕は開業を決めました!

国家資格をとってから本気で勉強している人は本当に少なく感じますし、名だけのみせかけ治療家が多いです。そんな『なんちゃって治療家』にあなたの大切なお体やご家族をお願いできますか?私は絶対にお願いしたくありません。

僕はなんの為に治療家になったのか?

多くの方を前向きに変えて、そして笑顔に変えたい!その一心で1日1日を過ごしてきました。

なので、僕と関わる多くの方を前向き、ポジティブに、笑顔に変えていくと決意し、ぷらす整体院を開業しました。

 

④使命を果たす

そして、なぜ国家資格を持ちながら

保険のきく整骨院ではなく整体院で開業したかと言うと悩みの深い慢性的な疾患で悩まれてる方を救いたいからです!

そして慢性的な疾患でも健康保険が整骨院で使えてしまうことも問題だと思ってます。

現在、整骨院が溢れかえっていると思いますが。本来、整骨院で保険適応になるのは以下の通りです。

  • 捻挫
  • 打撲
  • 脱臼
  • 骨折

慢性的な腰痛、肩こり、神経痛などいわゆる脊柱管狭窄症や坐骨神経痛、ヘルニアなど、これらの疾患は整骨院で保険適応はされません。

もし整骨院で保険を使って4つ以外の治療を受けているのであれば、それは不正行為となりますし犯罪です。不正請求をしていいのでしょうか?

保険がきく安い整骨院にいく

整骨院の先生は勉強をしなくても患者さんは保険がきくから通いやすいのでくる

学ばなくても日々過ごせるから治療家は深く学ばない

患者様は根本的に健康にはならない 

その結果

  • 日本の医療費の問題が出てくる。日本全体の負債を誰が背負うのか。
  • 地域の患者様は悩み続ける。元気にならない。
  • 治せない治療家が増える。衰退する治療家。

これは誰にとって良いことなのか?

つまり、使ってはいけない保険を使う不正請求は犯罪としてだけでなく

  • 治療家の質を下げ
  • 患者さんの健康意識を下げ
  • 日本医療費を圧迫してます!

なので、私は

  • 悩まれている多くの患者さんと本気で向き合いプラスに変えること
  • 治療家の質を上げること
  • 日本の医療費を変えていきたい

と強く思っています!

そして、患者様やその家族、職場 ⇒ 地域 ⇒ 日本にぷらす【前向きな思考、笑顔、幸せ】が広がっていって欲しいと思っています。

どこまで、広くできるかは私だけの力では不可能です。

みんなで力を合わせてぷらすの輪は広げていける様に努めていきたいと思います。

 

お客様に一言

皆様が勇気を出して足を運んで頂き僕の施術とお伝えする体操などをしっかりと取り組んで下さり、本当に感謝しています。

治療と言っても、私1人ではお身体を根本から変えていくことは中々厳しいです。

患者様から『先生、前より随分良くなった!本当にありがとう!』と言われますが、この成果は皆様が私のお伝えする宿題や私のお伝えした事を守ってくれた結果でしかありません。

僕が良くしているのではなく、患者様たちが自らお身体と向き合いお身体を健康にしていってくれています!本当に私を信じ、付いてきて下さり本当に本当にありがとうございます!

世の中にはまだまだ、誤った情報や流れ作業の治療をしている所が数多くあると思います。そんな治療家も巻き込み、刺激を与えて切磋琢磨し地域の治療の質と健康水準の向上やお身体に対しての考え方を正せればと思ってます!

これまで私が医療現場の内側にいたからこそ湧いてきたこの想いは絶対に消える事はありません。

私が治療を本気で取り組んでいる時に、現場で多くの嫌な思いをして来ました。

だからこそ、このぷらす整体院から最強の治療チームを結成して、皆様のあきらめの声を消し少しでも生活水準を上げるお手伝いができればと思ってます!

関わる全ての人に前向きにポジティブにそして笑顔になって頂き、少しでも笑顔の輪が広がる様に私たちも行動を止めずに取り組んでいきます!

是非、私たちと一緒に笑顔を輪を広げましょう!

 

 

院長:大嶋 啓介 (おおしま けいすけ)

【資格】

整体師 セラピスト

 

【経歴】

6年間トレーナーとしてボディメイクやボディデザインの場でトレーニングの指導、トレーニングに関わる施術を担当してました。

ボディメイクコンテストに出場される方のトレーニング指導やお身体の調整などをさせて頂き出場したコンテストで優勝を一緒に勝ち取った経験もあります。

【対応】

腰痛など慢性疾患の対応が可能です。 特に、脊柱管狭窄症、すべり症、坐骨神経痛、ヘルニアや変形性の膝などの問題を抱えている方を多く見ています。

 

【趣味】

アウトドアと言いたいところですが、こう見えてインドア派です。 ただ唯一、ゴルフは続けておりベストスコア93ですが上手くなる為に特訓中です。

 

これまでと私の想い

①なぜ人の身体に関わる第一歩

私は小学1年生から兄の影響で野球を始めました。土日の休日も毎日ボールを追い続ける日々で中学生の頃、突然膝の痛みに襲われ運動もままならない程の状態になってしまいました。
その時にお世話になって先生が心強くこれから一緒に良くしよう野球を続けられるように頑張ろうと一緒に治療を頑張ってくれました。
その時に治療家というよりも「何か身体を使った人の為になることをしたい」と思った事を今でも鮮明に覚えています。 これが人の体に携わる第一歩です。

 

 

②トレーナーから治療家へ

自身でトレーニングに没頭してトレーナーとしての活動を始めます。
野球をしていた時からトレーニングの大切さや重要性を感じていたので自分自身でも筋力トレーニングを始めました。

努力していくうちに体つきは変わりやがてはボディコンテストにも出場するようになります。

トレーナーとしても様々な分野があります。 自分は初心者の方やコンテスト出場者など幅広い分野の方のトレーニング指導、ボディメンテナンス、食事指導などを行っておりました。
そこで気づいた事はトレーニングする以前に、そもそものお身体が崩れている状態でのトレーニングは危険であり怪我や痛めてしまう恐れがあるという事でした。 そこからセミナーや勉強の日々がスタートします。
そこから多くの方のお身体を見ていくうちに治療分野にも興味が湧きそこで出会ったのが「ぷらす整体院」です。
治療の考え方や会社としての考え方、理念、想い、会社としてどう地域に貢献するかなど様々な部分で納得のいく考えと僕の想いが近かった事で治療家としての日々がスタートしました。

 

僕の想い

世の中にはお身体で悩まれている方がたくさんいらっしゃると思います。 正直、病院さんで何年も通ったけど良くならなかったなど多くの声を聞きます。

ほんとの治療とは一体なんなのか? 大元を辿る「治療」とは一体なんなのか? 皆さんの中でも知らない方はいらっしゃるかと思います。 身体が良くなると健康意識は下がるのが人間が持ってる考えです。 ご自身のお身体は毎日酷使しますよね? 疲れ果てた、酷使したお身体をメンテナンスしないで健康を保てるでしょうか? これからの人生100年と言われていますね、ただ身体を良くするだけではなく患者さんの生涯をサポートしていくそんな治療家になりたいと思いました。

今まで積み重ねてきた「2人3脚」で一緒に何かを成し遂げることは誰よりも負けない自信があります。
皆さんのお悩みを僕にぶつけてください! 僕が全力で受け止めて一緒に最善の治療でサポート致します!

 

 

福田 翔 (ふくだ しょう)

【資格】

整体師 セラピスト

【経歴】

  • 2年間 整形外科 勤務
  • 6年間 接骨院  勤務(うち4年は、院長として勤務)
  • ぷらす整体院 在籍

【対応】

肩凝り、腰痛など慢性疾患の対応をしています。 特に、脊柱管狭窄症、すべり症、坐骨神経痛、ヘルニアや変形性の膝、ギックリ腰などの問題を抱えている方を多く見ています。

【趣味】

独身時代は、カラオケとフットサルが趣味でした。 結婚して2人の子供が出来てからは、子供と遊ぶ事と子供とやるハンドボールが趣味になりました。

 

これまでと私の想い

①治療家を目指すキッカケと治療家という職業との出会い

私は、幼い頃から母や祖母の肩揉み、腰、手のひら、足の裏のマッサージをする事が好きでした。 子供の頃はただ2人が気持ち良さそうな顔をするのが見たくてマッサージをしていましたが、小学校高学年の頃には楽になったと言われるのが嬉しくて学校から帰ってまず初めにやる事がマッサージになっていました。 その頃から友達の影響でサッカーを始めて高校1年の時、突然膝の痛みに襲われ病院を受診しました。 その時は、疲労からくるモノだから安静にして様子を見る様に言われましたが、1週間経っても痛みが引くことはありませんでした。 最終的に手術する事になり、高校3年の夏までリハビリをしても違和感が残ったまま復帰をして引退する事になりました。そんな時に出会ったのが高校のOBで治療家になっていた先輩でした。そこで初めて治療家という職業を知り、興味を持ち調べていくうちに自分の様な怪我で満足にプレー出来ない人の助けになりたい、体の悩みのある人を助けたいと思う様になりました。

 

②僕の想い

専門学校に入ってから坐骨神経痛を発症したり、高校時代の膝の怪我が痛んだりと学生時代は患者さん側にいる事が多かったです。 こういった経験から同じ様に悩んでる人を1人でも救いたいという気持ちが大きくなり、卒業してから整形外科、接骨院と勤務しました。

しかし、ある一定のところまでは良くなっても繰り返し来院される方が多く、なぜなんだろうと疑問を持ったのがキッカケで改めて勉強し直し始めました。 それでも解決出来ず、悩んでいた所に共通の知人を通して代表と出会い相談させていただきました。 すると、筋肉に対してだけだと対処療法…つまりその場しのぎになってしまっていて根本的な解決には繋がらないという説明を受けました。それまで、筋肉の治療をすれば良くなると考えていた私にとって目から鱗の情報でした。

それからというもの、代表にいただいたアドバイスを実践していくうちに今まで繰り返し悩まれていた患者さんが次々と改善していき、それまで以上に患者さんが喜ぶ顔を見る事が出来ました。 代表の想いや考え方も聞かせていただいていたので、私の院長という肩書きを捨てでもより多くの方を救いたいという気持ちが強くなった事で移籍して参りました。 このぷらす整体院で、より多くの方をぷらすに導く(前向きに)為に全力でお悩みを聞き治療致します!

 

橋本龍雅(はしもと りゅうが)

橋本先生
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【経歴】
ずっと整体師としてのお仕事をしていました。
スポーツ現場でトレーナー活動やジムでのトレーニングやケアを担当しておりました。
現在はぷらす整体院のセラピストとして患者様に全力を尽くしながらも、モータースポーツ選手の施術を担当させて頂いております。


【対応】
腰痛や肩こりなど慢性疾患の対応が可能です。 特に、脊柱管狭窄症、すべり症、坐骨神経痛、ヘルニアや変形性の膝などの問題を抱えている方を多く見ています。


【趣味】
スポーツ観戦やモータースポーツが好きで、特にモータースポーツは現在担当させて頂いていることもあり、現地で観戦する事が1番の楽しみです。

 


【これまでの私と想い】


①祖父の言葉と治療家を目指すキッカケ
私の祖父に幼い頃から「人の為に動ける人になれ」と言われてきました。
仕事=困っている人を助ける事ですが、特に私は人の身体に関わる仕事がしたいと思い治療家を目指しました。
自分自身も多くの怪我に悩まされていましたが、家族や友人、近所の方々も多くの不調を抱えておりました。そのような人達の不調や不安を取り除けて、笑顔にすることが出来たら祖父の言葉に対して応じる事が出来るのではないかと思い治療家としての日々がスタートしました。


②僕の想い
今まで整体師やトレーナーを経験してきて、原因ではなく、結果に対して施術を行っている所が多いと感じました。
根本から改善していかない限り何度もお身体の不調を繰り返し、趣味や楽しみが奪われる方が多く出てしまうと思います。
そんな状況を目の当たりにして、自分自身も今行っている事は本当に正しい事なのか、やれる事はもっとあるのではないかと葛藤している時に代表とぷらす整体院と出会いました。
皆さんの日常生活や趣味が笑顔で送れるよう全力でサポートとさせて頂きます!

 

 
 

受付 深澤

はじめまして。 受付を担当している深澤です。
笑顔 元気 寄り添い を常に心がけています!
最初は不安そうにご来院された患者様が回数を重ねるごとに笑顔になっていく姿を見ることや、「ぷらす整体院に来て良かった!」と言っていただけることが本当に私にとっての喜びです! 様々なお悩みをお持ちの患者様に心から寄り添い、お悩み解決に近づけるよう、受付という立場からお手伝いさせていただきます。